豪華寝台特急「トランスイート四季島」試運転が迫力満点!

JR東日本

豪華寝台特急「トランスイート四季島」試運転が迫力満点!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう



次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

車両構造について

あの独特な窓の配置は?

従来の車両のような長方形型の窓ガラスと違い、四季島の窓って小さく散りばめられたような配置になってますよね。

あれは、車両からの眺望性や個室性などを重視したための窓配置なんだそうです。

先頭車は展望車両ということで、大胆なデザインに加え大きな三角窓なのは分かりますが。

トランスイート四季島 窓

出典 http://trafficnews.jp

食堂車はどんな感じ?

勿論、食堂車(ダイニング)もあるわけですが、その車両がまだ豪華です!

試運転されてる四季島には連結されてない、おそらくまだ開発途中だと思います。

そのダイニング車両ですが、1両のうち半分がハイデッキ(実質二階建)となっており、もう半分は天井の高い空間となってるそうです。

トランスイート四季島 ダイニング

出典 http://0120697272.com

二階建部屋の四季島スイートとは?

こちらも、まだ連結されてない車両と思われますが、1両だけ、

「デラックススイート/四季島スイート」

という一味違う豪華な部屋が設けられます。

うち四季島スイート(メゾネットタイプ)が唯一の二階建部屋となっており、その空間は、列車の中であることを忘れてしまうほど優雅なものでしょうね。

トランスイート四季島 二階建て

出典 http://0120697272.com

トランスイート四季島 ラウンジ

出典 http://0120697272.com

因みに、ラウンジカーと呼ばれるくつろぎの車両も連結されるそうで、この車両の窓ガラスの形状がまたアートチックなんです。

気になる料金は?

・土日運行:1泊2日コース

1日目:
朝、上野駅(出発)
→中央本線の塩山駅で下車して観光
→夜、姨捨駅「夜景バー」から善光寺平を眺める

2日目:
午前に会津若松駅で下車し観光
→上野駅(到着)16時20分

♦気になる料金:2人1室利用1人のお値段♦

・スイート:32万円
・デラックススイート(フラットタイプ):40万円
・四季島スイート(メゾネットタイプ):45万円

出典 http://0120697272.com

決して安くはないトランスイート四季島の料金。

( ̄▽ ̄;)

でも、2016年9月時点で、既にお申し込みが殺到している模様。笑

長野県の姨捨駅もリニューアル

トランスイート四季島のデビューに伴い、JR東日本は、長野県にある姨捨駅(おばすて)に夜景バーを設置というリニューアル工事をされます。

同駅は、日本三大車窓のひとつとして知られ、善光寺平が望めることができるのです。

1泊2日コースで、この姨捨駅の夜景バーを楽しめるようになります。

基本的には「トランスイート四季島」乗客向けにですが、使用開始後はその他観光等での活用も検討するそうです。

まとめ

2017年5月には、10両編成で運転される、トランスイート四季島。

試運転とはいえ、まだ7両編成ですが、その迫力ある姿をカメラに収めたいものですね。

トランスイート四季島 試運転

出典 http://2nd-train.net





12
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう



世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録