JR九州の特急「ハウステンボス」リニューアル編成運行開始!

JR九州

JR九州の特急「ハウステンボス」リニューアル編成運行開始!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ



キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

生まれ変わった特急ハウステンボス

乗った瞬間から旅が始まる~

JR九州 特急 ハウステンボス リニューアル

出典 http://h-spirit.com

アナタは、JR九州の特急列車

ハウステンボス

をご存じでしょうか?


名前の通り、長崎県にあるテーマパーク

「ハウステンボス」

の最寄り駅であるハウステンボス駅
から博多駅を結ぶ列車でもあります。


博多からハウステンボスまでは
大体1時間45分ですね。

そんな、JR九州の看板列車である
特急ハウステンボスの


リニューアル編成


がすでに運行されています!

2017年3月18日(土)から、
その1編成が活躍しています。


しばらくはまだ1編成のみですが、
JR九州は、残りの編成も
順次リニューアルしていくとのこと。

この特急列車で同名のテーマパークへ
遊びに行く乗客にとっては
楽しみで仕方ありませんね!


なにしろ、もう乗った瞬間から、
ハウステンボスというテーマパークへの
旅が始まることをコンセプトに
車体更新されたのですから。

どんな列車に生まれ変わったのか、
これからご紹介します。


試運転されるハウステンボス

更新される前はシルバーボディーに
赤・黄・緑・青・白などを用いた
カラフルな塗装でしたね。

リニューアル後はオレンジ一色。

デザインは、あの水戸岡鋭治さんが
今回の列車も手掛けられました。

JR九州では特に多いですね、
水戸岡鋭治さんが関わってる列車。

運行が開始される前は、
こうして試運転もなされました。

783系のハウステンボス、
国鉄からJR九州になって、
初めてデビューした特急電車。

「ハイパーサルーン」

という愛称を持つこの列車、
「ハウステンボス」だけでなく、
「みどり」「かもめ」「有明」
といった特急でも運行されました。

「ハウステンボス」として走るように
なったのも、そのテーマパークが開園
した当時に最初のリニューアル更新を
受けたのですね。

貫通扉タイプの先頭車もありますが、
特急「みどり」と併結して運転
できるようにするために、
中間車両を運転台に改造したのです。

その方が使いやすそうですし。

更新前の783系

特急ハウステンボス 貫通扉

出典 http://js3vxw-02.cocolog-nifty.com

車内もご覧の通り

外見だけでなく、もちろん、
車内も大幅にリニューアルされました!

木目調の壁に、シートモケットも
カラフルな布地に変えられました。

よく見ると、座席に至っては、
それまでにはなかった、
後頭部の部分に枕のような
ものが取り付けられましたね。

これは座った時に楽そうです。

まさに、乗った瞬間から、
ハウステンボスの旅ですね。

さすがは、水戸岡鋭治さんですね。

JR九州 特急 ハウステンボス リニューアル 運行

出典 http://cdn.railf.com

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!



誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ