国鉄特急の183・189系と485系の違いはコレだった!

その他鉄道ニュース

国鉄特急の183・189系と485系の違いはコレだった!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!



今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

183系と189系と485系

同じ顔の国鉄特急だけどその違いは何?


今更ですが、かつて全国で活躍していた、
国鉄特急の183・189系と、
同じく国鉄特急の485系。

これらの列車の違いをご存じですか?


パッと見、形式が違うだけで、
先頭車の顔つきが全く同じですよね。

せいぜい座席のモケットの柄が違うか、
グリーン席があるかないかくらいで、
一般人からしたら分からないものです。


とはいえ、車両の電動器具などの
違いがあるから形式も違うはずです。

まず双方の違いを簡単に言い表しますと


直流か交流か


というだけのことです。

それを今からお話します。

485系は交流直流両用


国鉄485系電車(WIKI)


まず485系ですが、
こちらは交流直流両用車両です。

名前の通り、電線がある線路なら、
直流電化区間と交流電化区間の
両方を走行できる列車です。


また485系の他にも、

481系・483系・489系

という形式の車両があります。


これらもボンネットタイプを除き
外見上はほぼ同じです。

ただ、481系は60Hz、
483系は50Hz、
485系50/60Hz、
とそれぞれ対応してるのです。


489系は、485系を碓氷峠の
補助機関車EF63と協調運転が
出来るように改良された車両です。

急行「能登」として活躍していたボンネット国鉄特急

183・189系は直流用


国鉄183系電車(WIKI)


続いて183・189系ですが、
485系と違い、直流用のみです。

お気づきの通り、
直流区間のみ走行できる特急車両です。


ただ183系に至っては2種類あって、
房総特急用に製造された0番台と、
耐寒耐雪仕様の1000番台があります。

189系は、183系1000番台・
碓氷峠の補助機関車EF63と
協調運転出来るように改良したものです。


まとめますと、国鉄特急の
183・189系と485系の違いは、
車両の機器と、それにより走行できる
区間が異なることです。

それぞれどんな列車だったのか

183系の特急「あずさ」

183系の特急 あずさ

出典 http://news.mapcamera.com

189系の特急「かいじ」

189系の特急「かいじ」

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

485系の特急「きりしま」

485系の特急「きりしま」

出典 http://www.asahi.com

489系の特急「加越」

出典 http://www.uraken.net


もちろんこれらはほんの一部で、
もっと沢山の列車として活躍してきました。

それを全部上げるとキリがありませんが、
国鉄時代は本当によく走ってたものです。


一般の乗客からしたら、違いが分からず、
ただ安全に目的地まで乗れれば良い
という人が殆どだと思います。

とはいえ、細かく調べてみると、
面白い気づきがあったりするものです。

485系 特急 みのり

出典 http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう



藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!