上越新幹線にピンクの入ったE7系(朱鷺色)を運転

JR東日本

上越新幹線にピンクの入ったE7系(朱鷺色)を運転
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



■上越新幹線「とき」にE7系が登場


2019年3月16日のダイヤ改正にて
JR東日本は上越新幹線に
E7系を2編成導入しました!

既に北陸新幹線などで活躍中の
E7系(W7系含む)がとうとう上越へ。


1日の運転本数ですが、現時点では


東京駅「とき」新潟行

8:52発
10:16発
15:16発
20:24発

19:12発「たにがわ」
越後湯沢行



新潟駅「とき」東京行

7:49発
12:35発
16:56発
18:12発

越後湯沢・7:08発
「たにがわ」東京行き



と言った、「とき」が上下各4本、
「たにがわ」が上下各1本というダイヤです。

また運行初日の16日の新潟駅では、
初列車の出発式も開催されました。

・ピンクの入ったE7系「朱鷺色」


E7系の車体側面を見るとわかりますが、
上越新幹線用とハッキリしやすいよう
ピンクのラインが入ってますね。

主に「とき」として運転されるので
「朱鷺色」とも言われてます。


また、一部の車両端部の部分には
シンボルマークもあしらわれてあります。

・上越でグランクラスを満喫


上越新幹線にE7系が導入されたので、
これからは越後湯沢・新潟~東京間で
グランクラスに乗る事ができますね。

東北のE5系と北陸のE7・W7系で
満喫することができるグランクラス。


しかも上越新幹線のE7系では、
なんと、アテンダントサービスなしの
新料金で設定されてるのです!


つまり、東北と北陸よりは安いのです。

■E4系の引退が近づく


既にご存じかと思いますが、
E7系が導入されたということは、
E4系「MAX」の引退が
近づいてることを意味します。

現に16日のダイヤ改正には、
明らかにMAXによる運転が減りました。


車体自体が老朽化しているので
仕方のないことではありますが。

JR東日本によりますと、
2020年末までには全編成が
引退するとのことです。


E7系の導入はありがたいですが、
今のうちにE4系MAX
(できればグリーン席)
に乗っておきたいものですね。

幸いMAXはまだ「とき・たにがわ」
に使われてるのでチャンスはあります。

1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ