JR中央快速線にE233系が201系カラーへ

JR東日本

JR中央快速線にE233系が201系カラーへ
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



■蘇る201系カラー

E233系にオレンジ一色のラッピング


JR中央快速線と言えば、
かつては103系・201系が
走っていた路線ですね。

濃いオレンジ色の車体が、
主に中央特快(特別快速)として
東京・新宿から立川・八王子を
ひっきりなしに走行してました。


そんなかつての車両のカラーが
現役のE233系の車体に
オレンジ一色のラッピングが
施されたのです!



その車体を側面から見ると、
まさにかつて中央快速線を走っていた
103系・201系ソックリです。

既に確認した方もいると思いますが、
ネット上ではよく


・201系カラーラッピング


と、201系だけ表記されてますが、
103系が含まれないのは何故か。

考えてみたところ、E233系の
運転窓の周りが黒いことから、
201系も同じく黒いので、
201系だけ表記されてるのと思います。


ただ、車両側面はともかく
先頭車前面はヘッドマークを除き
カラーがそのままですね。

どうせなら全てオレンジ一色に
した方がと感じました。

■201系カラー電車が走るワケ

・中央線開業から130周年を記念するため


JR中央線では、今年2019年で
改行から130周年を迎えます。

それを記念してのキャンペーンで、
今回この列車が走ることとなりました。


正確には、1889年(明治22年)
4月11日に新宿~立川間間で
甲武鉄道として開業しました。

同年8月11日に立川~八王子間が
続いて開業したのです。


ですので、8月11日で、
本格的に130年周年を迎えます。

これを記念してJR東の八王子支社は


●中央線開業130周年記念キャンペーン


を開催することになりました。

八王子支社によりますと、
今まで中央線をご利用して頂いた
お客様への感謝の気持ちを込めての
イベントだそうです。

■イベントが開催される駅


今回の130周年記念に伴い、
中央線にある下記の駅では
イベントが開催されます。

簡単に説明しますと


●武蔵境駅

・武蔵境駅開業130周年記念展示

・中央線ビールフェスティバル2019

・nonowa武蔵境記念きっぷくじキャンペーン

・中央線開業130周年記念さかいマルシェ

・むさしさかい鉄道フェスタ



●国分寺駅

・中央線歴史写真展

・こども駅長制服撮影会

・駅員体験(マジックハンド体験)

・国分寺駅長と国分寺市観光大使・土屋礼央氏のトークショー

・ぬりえ・ペーパークラフトコーナー

・「宇宙×鉄道」イラストコンテスト

・駅からハイキング~こくぶんじの恋と歴史と文化をめぐる春の探訪



●立川駅

・ラッピングトレイン展示イベント

・こども駅長制服撮影会

・中央線130周年×グランデュオ立川20周年特別企画
「鉄道古物販売会(入札方式)」



●八王子駅

・8月2日(金)~4日(日)開催の八王子まつりとコラボレーションしたイベントを予定
(イベントの内容は決定次第発表)



※武蔵境・国分寺・立川駅で鉄道グッズ販売アリ



キャンペーン期間中のイベントの
詳細及びに販売される記念グッズは
下記のページをご覧ください。

(PDF)「中央線開業 130 周年記念キャンペーン」を開催します

■ダイヤは不定期


ラッピングされたE233系ですが、
毎日決まった時間に走るわけではありません。

ダイヤは不定期で、
いつ会えるかわかりません。


また、車両検査による運転を
お休みする日もあります。

もし会えたら、ラッキーですね。

1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



関連記事

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ