南海電鉄の特急ラピートの座席がリニューアル

南海電車

南海電鉄の特急ラピートの座席がリニューアル
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



南海ラピートの座席に変化が

ヘッドレストが特徴のテーブル付シート

南海電鉄の空港特急・ラピート、
床に絨毯が敷かれたり、車体側面の
行先表示板がLEDになったりと
リニューアル更新がされてますね。

そのラピートですが、一部の編成が


座席もリニューアル


されているというのです。

それも、レギュラーシート(普通車)と
スーパーシ-トの両方がです。


南海ラピートの座席と言えば、
大阪らしくヒョウ柄のモケットで、
座席の形状からしてそれなりに
座り心地は好評でしたね。

乗車時間は35分ほど。


が、ラピートの従来の座席には
ある欠点がありました。

それは・・・


大きなテーブルがない


ということでした。

テーブルを使わない、または、
ペットボトルくらいしか置かない
という人はどうってことないですが。

30分でもノートパソコンを使いたい
という乗客には物足りなかったのです。

それが、座席が新しくなってからは、
そのノートパソコンが使えるほどの
背面テーブルが付いてて、
使いやすくなったわけです。

ヘッドレストが特徴的と言いますか、
大きくなった感じです。

モケットの柄は従来と同じヒョウ柄で、
あまり乗らない人にとっては
すぐには気付かないかもしれませんね。


座席の型(形状)は、12000系
サザンプレミアムと同じだと思います。



ラピートの従来の座席

南海ラピート レギュラーシート

出典 http://tripace.jp

南海ラピート スーパーシート

出典 http://shimajiro-mobiler.net


上の写真がレギュラーシート、
下の写真がスーパーシートです。

ドチラもひじ掛け部分にテーブルが
収納されてますが、小さいです。笑


そのため、ノートパソコンを使うには
向いてない車内環境でした。

一方、座席が交換されてからは。



新しい座席の様子

南海ラピート レギュラーシート リニューアル

出典 http://contents.min-nori.trafficnews.jp

南海ラピート スーパーシート リニュ-アル

出典 http://livedoor.blogimg.jp


まず、ヘッド部分の形状が違いますね。

同じく上の写真がレギュラーシート、
下の写真がスーパーシートです。


スーパーシートに至っては、
JR特急のグリーン席みたいですね!

JRと言えば、関空特急「はるか」は
いつリニューアルするんでしょう?


最近は「はるか」を含む1990年代
デビューの車両を置き換えるため
新たな特急車両を製造する
なんていう話も聞きますし。


南海ラピートの乗車率が高くなるわけです。



南海ラピート スーパーシート 背面テーブル

出典 http://livedoor.blogimg.jp

南海電鉄 空港特急 ラピート

出典 http://photo1.ganref.jp

1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ