近鉄特急「ひのとり」登場後アーバンライナーはどうなる?

近鉄電車

近鉄特急「ひのとり」登場後アーバンライナーはどうなる?
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



アーバンライナーの後継車両

ついに「ひのとり」が姿を現した!


関連記事:
近鉄に新型名阪特急!初代アーバンライナー置き換えか


近鉄(近畿日本鉄道)は2020年
3月14日から新型名阪特急

「ひのとり」

を運行すると発表しました。


現在は高安車庫にて待機しており、
時折試運転も行われてます。

それまではトラックで深夜輸送されて
同車庫まで運ばれましたが。


車両のデザインや車内の様子、
発車時刻、運賃等は下記のページにて
分かりやすく掲載されてます。

ご覧ください。


近鉄新型名阪特急「ひのとり」お披露目
(鉄道新聞のHP)


新型名阪特急「ひのとり」構体組立

トラックで深夜輸送される様子

アーバンライナーはどうなる?


さて、気になったのが、「ひのとり」が
登場(営業運転開始)した後は、
現役のアーバンライナーはどうなるか?


アナタも気になっているハズです。


20年3月14日から導入される
新型特急の編成数は3本です。

なので、アーバンライナーすべてが
引退するわけではありません。


ただし近鉄は20年度中に名古屋と難波
双方の駅で毎時0分から発車する列車
及び停車駅が少ない名阪特急に
「ひのとり」を充てるとのことです。



もちろん毎時30分発の名古屋行・
難波行は対象外ですが。

で、全ての名阪ノンストップ特急が
「ひのとり」になった後どうなるか。


考えられる可能性を予想しました。


1:全編成引退

あまり考えたくはありませんが、
初代アーバンライナーもデビューして
それなりの年月は経ちます。

21020系ネクストはまだ活躍ですが
初代の方はどうでしょう?


ただ、これはあくまで可能性としての
予想なので鵜呑みにしないでください。

引退でなければ、別の使い道がありますよね。


2:各主要駅停車に割り当て

恐らくこれが最も可能性が大です。

つまり毎時30分発の特急として
使われるということですね。


それに、毎時0分がひのとりでも、
休日ダイヤの6時0分だって、
各主要駅に停車する列車ですよね。

つまり、この列車にはひのとりは
走らない可能性が高いです。


それこそ、引き続きアーバンライナーが
担当するのではないでしょうか?

続いての予想です。


3:全路線で運行

名阪の各主要駅に停車する特急の他、
吉野線・南大阪線を除く全ての
主要幹線を走る可能性もあります。

ただその場合、非貫通ですから
追加連結ができないのがネックです。


伊勢志摩ライナーも実質全ての
主要幹線を走りますけどね。

そこで、もしかしたらの話ですが。


4:貫通式に改造

ネクストは考えにくいですが、
初代はもしかしたら、

・6両編成⇒2両編成+4両編成
・8両編成⇒4両編成×2


へと改造されるかも?と予想しました。


それも、貫通式の運転台を取り付けて。

これもあくまで可能性の話ですので、
真に受けないようお願いします。


ただ、近鉄は最も古い12200系を
真っ先に置き換えの対象としてますから
あり得ない話でもないです。

アーバンライナーの今後の動向が
気になりますね。

近鉄特急ひのとり

出典 http://cdn.mainichi.jp

1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250



関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ