スーパービュー踊り子からサフィール踊り子へ継承

JR東日本

スーパービュー踊り子からサフィール踊り子へ継承
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

E261系の試運転

デビューを控える「サフィール踊り子」


2019年11月下旬を境に、
JR東日本の新型リゾート特急

サフィール踊り子

の試運転が行われてますね。


それもそのはず、同列車は2020年の
春にデビューするのです。


「サフィール踊り子」のスゴイ所は、


・全席グリーン席(※1)
・プレミアムグリーン席(※2)


※1=グリーン個室含む
※2=横2列


という豪華仕様ですからね。

車両は8両1編成ですが、
4号車は「ヌードルバー」と言って
“麺”を満喫できる食堂車のような
車両となってるのです。


全車両平屋タイプでハイデッカーや
ダブルデッカーではありません。

が、窓1枚1枚が大きく
車窓の展望は良さそうです。

サフィール踊り子の気になる料金

サフィール踊り子

出典 http://raillab.jp


料金もJR東日本から発表されたので
この度掲載しますが。


【グリーン席】
・100km以内:1,050円
・200km以内:2,100円
・伊豆急行線内:780円

【プレミアムグリーン席】
・100km以内:2,550円
・200km以内:3,600円
・伊豆急行線内:1,600円

【グリーン個室】
・4人用:8,400円(3,120円)
・6人用:12,600円(4,680円)


※()内は伊豆急行線のグリーン個室料金です


当然ですが、これは特急料金と
乗車券を除いた価格です。

片道だけでも軽く1万円は超えますね。

グリーン席・イメージ

サフィール踊り子,グリーン席

出典 http://img-mdpr.freetls.fastly.net

グリーン個室・イメージ

サフィール踊り子,グリーン個室

出典 http://img-mdpr.freetls.fastly.net

4号車ヌードルバー・イメージ

サフィール踊り子,4号車ヌードルバー

出典 http://img-mdpr.freetls.fastly.net

スーパービュー踊り子が引退


JR東日本251系(WIKI)


1990年(平成2年)4月28日から
営業運転を開始した251系の
スーパービュー踊り子ですが。

2020年(令和2年)3月13日に
営業運転を終了するとJR東日本から
発表がありました。



これに伴い、「スーパービュー踊り子」
という列車名は廃止となる予定です。

残念ですが、車体自体が老朽化し、
過去何度も故障したりしました。


「スーパービュー」から「サフィール」
へ継承されるわけです。

スーパービュー踊り子に乗るなら
あと3か月のチャンスです。

踊り子用にE257系の導入


JR東日本E257系(WIKI)


251系の引退が決まった中、
普通の特急踊り子号として走る、
E257系の導入が行われます。

E257系は、中央線の特急
「あずさ」「かいじ」などで
走って来たことはご存じですよね。


2017年からE353系が導入され、
それを機に中央線から撤退し、
東海道本線へ転用となりました。

それに伴い、海沿いを走る列車に
相応しくリニューアル更新しました。


車体と内装・座席のモケット共に、
海を思わせる青のイメージカラー
となって生まれ変わりました。

このE257系も、サフィール踊り子と
共に2020年春からデビューです。


車両の構造上は185系と同じ、
4列の普通車と4列のグリーン席が
あるシンプルな列車です。

E257系自体、まだ若い車両ですし。

185系の引退はいつ?


JR東日本185系(WIKI)


踊り子でお馴染みの185系ですが、
コチラは国鉄時代からある列車なので
前々から引退の噂はありました。

特急踊り子だけでなく、
JR東海・伊豆箱根鉄道駿豆線へ乗り入れる


「修善寺踊り子」


としても活躍してきた列車です。

それで、185系の引退ですが、
251系よりも1年遅いようです。



つまり、2021年春です。

民営化後の251系が先に引退するのは
誰もが意外に思われたことでしょう。

リゾート踊り子は既に引退


余談ですが、踊り子列車には

・リゾート踊り子

がありました。


コチラは既に2016年5月を
最後に引退しました。

臨時快速「リゾートライナー21」もしかり。

その他の列車は?


さて、伊豆半島へ向かう列車は、
確か他にもありましたね。

思い浮かぶのは


・伊豆クレイル
・マリンエクスプレス踊り子



がありますが。

どちらも2020年以降も引き続き
運転されるのでご安心ください。


伊豆クレイルは土日限定ですし、
マリンエクスプレス踊り子に至っては
不定期ですが臨時列車として走ります。



追記:
マリンエクスプレス踊り子は
3月のダイヤ改正を持って
運転終了が決まりました。

伊豆クレイルも、6月28日を持って
運行終了とのことです。


ということで、伊豆への観光列車は

・サフィール踊り子
・踊り子(E257系)

の2種類に絞られたわけです。

サフィール踊り子の試運転

出典 http://pbs.twimg.com

1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

関連記事

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ